闇金問題は弁護士に相談

闇金被害に悩んだ時にまず思いつく相談先が警察という人も多いです。ですが警察に闇金被害を訴えてもお金の貸し借りである民事事件であることや090金融など店舗や事務所を構えずにトバシと呼ばれる他人名義の携帯電話や銀行口座を使用している業者が増えていることで実態を掴みにくいことから、なかなか動いてくれません。中には被害者を見かねて闇金に注意の電話を入れてくれる警察官もいますが、注意を聞き入れるのはその時だけで、警察が闇金に電話をしたことによって警察に駆け込んだことが闇金にバレてしまい、嫌がらせが激化する可能性が高くなります。

弁護士闇金問題を完全に解決するためには弁護士への相談が欠かせません。中でも闇金問題を多く取り扱っている弁護士に相談をすることで、最短即日で取り立てや嫌がらせがストップします。というのも弁護士は、闇金を撃退することができる切り札をいくつも持っており、例えば闇金が使用している携帯電話の利用停止や銀行口座の凍結、警察への被害届の提出など、闇金にとってマイナスとなる切り札を交渉の際に出すことで、意外にも闇金はあっさりと債務者から手を引いていきます。

闇金被害に悩む人はまずは弁護士法律事務所の無料相談を利用しましょう。その後問題解決の依頼をすることで、苦しい闇金への返済や取り立ての日々から解放されます。

闇金被害について

法外な利息や短い返済サイクルも十分な闇金被害と言えるのですが、返済ができなくなると大きな被害へと繋がります。

被害闇金の返済日を一日でも遅れてしまうと、すぐに取り立ての電話がかかってくるようになります闇金は返済のプレッシャーをかけるために昼夜問わず、顧客の都合などお構いなしに電話をかけてくるので精神的に追い詰められてしまう債務者も多く、闇金からの電話を無視したり、返済の目処がなかなか立たない状況が続いたりすると、さらに返済のプレッシャーをかけるために家族や職場にも電話をかけてくるようになります。家族や職場の情報は闇金からお金を借りる際に審査のため、緊急連絡先としてと言われ教えてしまっていることがほとんどで、これは返済ができなくなった時に脅しの材料に利用するために闇金は聞き出しています。

自宅や実家、勤務先などに闇金から取り立ての電話が入ることで家庭内や職場で信用を失ってしまう可能性が高くなり、闇金は顧客の社会的信用を傷つけることで返済を迫ってきます。それでも返済ができない状態が続くと、寿司やピザなど大量の出前を勝手に注文する、出張型の風俗を依頼する、救急車を呼ぶなどの嫌がらせが始まります。インターネット社会と言われる現代では、SNSなどを辿って顧客の友人を調べて電話をかけたり、電話帳を使って近所にデマを流す電話をかけたりすることもあり、闇金問題は個人でなんとかしようとしたり、放置することで被害が拡大していきます。

闇金とは

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用することができず、経済的に困窮してしまうことで闇金に手を出してしまう人は珍しくありません。闇金とは貸金業者として登録をせずに法外な金利で融資を行い、返済ができなくなると悪質な手口で債務者に返済を迫る業者のことです。

ブラックOK、専業主婦OK、激甘審査など街中の電柱に闇金業者のチラシが貼ってあることもあります。この他にも近年はSNSを使った集客や一見すると闇金とはわからないようなホームページで集客をしている闇金も存在します。ソフト闇金という言葉が登場しており、返済している最中は気づかなかったが、返済ができなくなって初めて闇金を利用していたことに気づいたという人も存在し、闇金の手口は多様化しています。

闇金闇金と聞くとトイチ、トサンというフレーズをイメージする人も多いのではないでしょうか。トイチは10日で1割の利息がつき、トサンは10日で3割の利息がつきます。現在の貸金業法では年率20%以上の利息を取ることはできません。闇金に利息を年率で計算するとトイチの場合は年365%、トサンの場合は年1095%になります。トイチでお金を借りると一年で元金の3.6倍の利子がつくことになり、いかに闇金が法外な利息を取っているかがわかります。

お金に困っている時は冷静な判断ができずに完済できる、毎回問題なく返済できると考える債務者も多いですが、法外な利息や短い返済サイクルでは遅かれ早かれ破綻してしまい、返済はできなくなってしまいます。