闇金問題は弁護士に相談

闇金被害に悩んだ時にまず思いつく相談先が警察という人も多いです。ですが警察に闇金被害を訴えてもお金の貸し借りである民事事件であることや090金融など店舗や事務所を構えずにトバシと呼ばれる他人名義の携帯電話や銀行口座を使用している業者が増えていることで実態を掴みにくいことから、なかなか動いてくれません。中には被害者を見かねて闇金に注意の電話を入れてくれる警察官もいますが、注意を聞き入れるのはその時だけで、警察が闇金に電話をしたことによって警察に駆け込んだことが闇金にバレてしまい、嫌がらせが激化する可能性が高くなります。

弁護士闇金問題を完全に解決するためには弁護士への相談が欠かせません。中でも闇金問題を多く取り扱っている弁護士に相談をすることで、最短即日で取り立てや嫌がらせがストップします。というのも弁護士は、闇金を撃退することができる切り札をいくつも持っており、例えば闇金が使用している携帯電話の利用停止や銀行口座の凍結、警察への被害届の提出など、闇金にとってマイナスとなる切り札を交渉の際に出すことで、意外にも闇金はあっさりと債務者から手を引いていきます。

闇金被害に悩む人はまずは弁護士法律事務所の無料相談を利用しましょう。その後問題解決の依頼をすることで、苦しい闇金への返済や取り立ての日々から解放されます。