闇金とは

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用することができず、経済的に困窮してしまうことで闇金に手を出してしまう人は珍しくありません。闇金とは貸金業者として登録をせずに法外な金利で融資を行い、返済ができなくなると悪質な手口で債務者に返済を迫る業者のことです。

ブラックOK、専業主婦OK、激甘審査など街中の電柱に闇金業者のチラシが貼ってあることもあります。この他にも近年はSNSを使った集客や一見すると闇金とはわからないようなホームページで集客をしている闇金も存在します。ソフト闇金という言葉が登場しており、返済している最中は気づかなかったが、返済ができなくなって初めて闇金を利用していたことに気づいたという人も存在し、闇金の手口は多様化しています。

闇金闇金と聞くとトイチ、トサンというフレーズをイメージする人も多いのではないでしょうか。トイチは10日で1割の利息がつき、トサンは10日で3割の利息がつきます。現在の貸金業法では年率20%以上の利息を取ることはできません。闇金に利息を年率で計算するとトイチの場合は年365%、トサンの場合は年1095%になります。トイチでお金を借りると一年で元金の3.6倍の利子がつくことになり、いかに闇金が法外な利息を取っているかがわかります。

お金に困っている時は冷静な判断ができずに完済できる、毎回問題なく返済できると考える債務者も多いですが、法外な利息や短い返済サイクルでは遅かれ早かれ破綻してしまい、返済はできなくなってしまいます。